エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

昨年のメジャーデビュー以降、急速な進化を遂げているロックバンド、Galileo Galilei。札幌の自宅兼プライベートスタジオで共同生活を送りながら濃密なミュージックライフを送っている彼らが、ニューシングル『明日へ』を12/7にリリースした。プログラミングとグルーヴィーなバンドサウンドを融合させた会心のダンスチューンで、“進化する夢 進化する歌”を描いたこの曲は、彼らのまぶしいほどの今を物語っている。

「今取り組んでいる音楽的な実験や研究は、おもしろいという自負がある」

――――ニューシングル『明日へ』は、第2期Galileo Galileiの代表曲となるべき曲であり、みんなが札幌の自宅兼プライベートスタジオである“わんわんスタジオ”で四六時中音楽と向き合っている結晶だと思います。
岩井郁人(G.)「東京から札幌に移ったのが今年の3月。自分たち的にもそこからより自由に理想の音楽を追求できている気がします」
尾崎雄貴(Vo.&G.)「僕らが地元の稚内に住んでいた時も佐孝君の実家のガレージで練習していて。やっぱりそれが俺らの原点だから、そういう環境のほうがバンドに合ってるなと思ったんです。東京に来てそれを確認できたのは大きかったですね」
佐孝仁司(B.)「札幌に移ってからの時間は、過ぎるのがとても早いです(笑)」
尾崎和樹(Dr.)「うん、めっちゃ早い(笑)」
岩井「わんわんスタジオにいる時は、時間を忘れてひたすら音楽制作に没頭してます。みんなで時間を忘れてゲームをしているような感覚でもあるので(笑)、今は楽しくてしょうがないですね」
佐孝「わんわんスタジオができてから、みんなが思い描く音をすぐ具現化できるようになったんです。東京にいる時から“自分たちのスタジオが欲しい”って言っていて、ちょくちょく稚内に帰っては、俺の実家のガレージで曲作りをしていたんですけど。やっと自分たちのホームができたという感じですね」
――今、4人が描いている“理想の音楽”ってどういうものですか?
雄貴「今の僕らには、Galileo Galileiという共同体としての考え方や理想があって。ガリレオハウスで自分たちが取り組んでいる音楽的な実験や研究はすごくおもしろいという自負があるんですけど、日本の音楽シーンという観点から見ると、かなりカウンター的なことをやっているとも思うんです。でも、そこに僕らの意志があって。言葉にするのは難しいんですけど、それが“理想の音楽”にこれから直結していくのかなと思います。今こうして東京にいても、みんなの心はわんわんスタジオにある感じなんですよね」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。