エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

リンキン・パークの日本公演でオープニングアクトをやらせていただいたんですが、あの時は本当に感激しました

――では、音楽を始めたきっかけなども伺いたいのですが。
ジョンシン「僕は中学校の時に、友だちからミスター・ビッグを教えてもらったのがきっかけです。『To Be With You』とかすごくいい曲だなと思って、そこから自分でも音楽をやりたいと思ったんです。いろんな楽器をやってみたかったけど、このズッシリした音の感じがとても魅力的だったので、ベースを始めました。ミスター・ビッグのビリー・シーンとか、ジャコ・パストリアスのようなベーシストに憧れますね」
ヨンファ「僕は小学校の時に聴いたボン・ジョヴィですね。ジョン・ボン・ジョヴィのように歌ってみたくて、歌を一生懸命練習してました。中学になって出会ったリンキン・パークも衝撃でしたね。今年、リンキン・パークの日本公演でオープニングアクトをやらせていただいたんですが、あの時は本当に感激しました。だからあとは…ボン・ジョヴィと一緒にやれたら最高なんですけど(笑)」
――楽しみにしてます(笑)。ちなみにヨンファさんのギターはグレッチのホワイトファルコンですけど、あれはどなたかに憧れて?
ヨンファ「実は、マンガ『BECK』の影響です(笑)。何か自分を象徴するようなギターがあるといいなと思って探してた時に出会ったんですけど、実際に弾いてみたら音もすごくよくて」
ジョンヒョン「『BECK』は元々僕が教えてあげたんですよ!」
ヨンファ「そうだった(笑)。でもこのホワイトファルコンのちょっと高級な感じがするところも、僕にピッタリじゃないですか(笑)?…スミマセン、冗談ですから(笑)」
――(笑)。ふたりでギターの話をすることもよくあるんですか?
ジョンヒョン「よくしますよ。僕もボン・ジョヴィが好きで、リッチー・サンボラのギターを聴いてバンドがやりたいなと思ったので」
――そこは共通点なんですね。他には?
ジョンヒョン「僕はエリック・クラプトンを聴いて、ギターの魅力にハマったんです。その後は、ジョン・メイヤーなどを知ってもっともっと引き込まれ、特にブルースは大好きになりましたね」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。