エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

超進化系・恋愛エンターテインメント『モテキ』が、待望の映画化! ドラマ版に引き続き恋愛下手の主人公を演じる森山未來、その主人公を翻弄する新たな美女4人、長澤まさみ、麻生久美子、仲 里依紗、真木よう子が集結。森山未來にまつわる噂話から、観て“笑った”“泣いた”お気に入りのシーンまで。映画さながらに楽しさいっぱいのインタビューとなった。

「“役者道がどうのこうのっていうタイプだと思ってた”って言うんですよ(笑)」(森山)

――まずは森山さん。新しく4人のヒロインを迎えた映画版『モテキ』の公開を控えた今の心境を聞かせてください。
森山未來(以下:森山)「去年、今年とで一生分モテ尽くしまして…本当にありがたいです。美女をとっかえひっかえ、やりたい放題やらせていただけて…満足です(笑)」
――ヒロインのみなさんには、現場の森山さんはどう映りましたか?
長澤まさみ(以下:長澤)「カメラが回っていない時は落ち着いた人なんですが、お芝居が始まった途端、ものすごいテンションが上がるんですよ。私が演じた役もテンション高めにいかなきゃいけなかったので、引っ張っていってもらいましたね。今回は(森山)未來君と“役の中でちゃんと会話ができた”という感じがしています」
仲 里依紗(以下:仲)「私は会う前は怖い人なのかなって思ってたんです。“ザ・役者”って感じの…(笑)」
森山「この間あるテレビ番組で、みんなからアンケート寄せてもらったら、みんなして“森山さんは役者道がどうのこうのっていうタイプだと思ってた”って言うんですよ(笑)」
麻生久美子(以下:麻生)「役者の仲間内では“芝居に厳しい人”って噂でしたよ。私も最初はドキドキしてました(笑)」
真木よう子(以下:真木)「私も聞いたことあります、その噂」
――でも、現場の森山さんは噂とは違いました?
真木「そうですね。現場では全然、ね?」
森山「“ねっ?”って(笑)」
真木「すごいストイックな役者さんだと思いましたけど、近寄りがたいって感じじゃなかったです」
仲「やさしいですよね。赤ちゃんを抱くシーンがあったんですけど、私が抱っこした途端、赤ちゃんが泣き出しちゃったんです。そしたら森山さんが“こうしたら?”ってアドバイスしてくれたりして」
麻生「私もカラオケで歌いまくるシーンでアドバイスもらいました」
森山「いや、一日中歌いっ放しだったから、最後のほうの麻生さん、テンションがダダ下がりだったんですよ(笑)。テンション下がると、知らず知らずの内に音程ってちょっと下がるんですよね。それをちょこっと伝えただけです」
麻生「本番なんとかなったのは、あのアドバイスのおかげです(笑)」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。