エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

‘99年にEXILEの前身となるグループとしてHIROが結成し、’07年に二代目、昨年11月には、“三代目J Soul Brothers”としてデビュー。そして、満を持して6/1に1stアルバム『J Soul Brothers』をリリースする。また、夏には三代目J Soul Brothersと二代目J Soul Brothersが集結して行う大規模イベント「EXILE TRIBE」も決定している。“三代目”として活動したメンバーに話を聞いた。

デビューして半年、とても内容の濃い・凝縮した期間だった

——デビューして半年、6/1にリリースされる1stアルバム『J Soul Brothers』が完成しましたね。
今市(Vo.)「デビューさせてもらってから半年。いろんな経験や体験をさせてもらって、その時間がギュッと詰まったアルバムですね。アルバムの中では新しい挑戦もし、自分たちの可能性や幅の広さを出した作品です。また夏に行われるライブ「EXILE TRIBE」にも繋がるので、これを聴いていただけると夏のライブも想像できると思います。そしてライブに来ていただけるとまた違った楽しみ方もできるはず。本当に豪華なアルバムですね」
——実は私ボーカルオーディションを観に伺ってたんですよ。
今市「ホントですか!? うわぁ、ありがとうございます(笑)!」
——だからなんだか勝手に感慨深いです(笑)。
登坂(Vo.)「あれからアルバム制作まで、もう怒涛の日々を過ごしてました(笑)。目の前にあることをクリアするのに必死でいっぱいいっぱいでしたね。でもその積み重ねが今回のアルバムというひとつの形になり、みなさんに聴いていただけるようになった。いろんなイベントに出せていただいたり、壁にぶち当たったり、パフォーマーのみんなに支えてもらったり…半年は半年ですが、とても内容の濃い・凝縮した期間だったと思います」
——半年前には考えられない経験ですよね。ではリーダーのおふたりにもお伺いします。“三代目J Soul Brothers(以降、三代目JSB)”のリーダーとなり、新しいボーカルをふたり受け入れるということ。どんな心境でしたか?
NAOTO(Pfo.)「すごく責任を感じたと同時に、大事な役割を担ったなと思いました。今まで自分が教えてもらったことを、今度は自分たちがメンバーに伝えていく番。教えていただいことはすごく大事なものだから、生半可に伝えたり、伝え方を間違えたりしたらいけないって、今はとても力が入ってますね」
——今までEXILEメンバー含め、いろいろ教えていただいたんですね。
NAOTO「もちろんそうです。いろいろ経験させてもらって、自分なりに理解し昇華してきたことをそのまま伝えていきたいですね」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。