エンターテインメントフリーペーパー フライング・ポストマン・プレス

フライング・ポストマン・プレス

POSTMAN x POSTMAN (ポストマン × ポストマン)

“仲良しのあの人”や“憧れのあの人”に手紙を届けるリレー連載『POSTMAN×POSTMAN』。二階堂和美が次に手紙を書くのは、交友関係の広さでも有名&ミュージシャンズ・ミュージシャンでもあるスチャダラパーのBOSE!

手紙を書いた人
二階堂和美
手紙を受け取った人
スチャダラパー BOSE
プロフィール
二階堂和美(にかいどう かずみ)
'74年、広島生まれ。'99年に『にかたま』のアルバムを発表。その独自の音楽世界観と歌声、パフォーマンスは、他を寄せつかないほどのオリジナリティーを確立している。7/6にはニューアルバムのリリースを予定。

手紙を拡大

▼スチャダラパー BOSEからの返信
にかさんへ

なんだか、自分が優秀な人間だったような気分になれる手紙をありがとうございます。
にかさんが書いてくれたようなことは、ぼくも全く同じように感じていますよ。
いつ会っても緊張するし、尊敬しています。

何年か前の野外フェスで、初めてにかさんのライブを観ました。
それまでにも、録音されたものは聴いたことがあったと思うのですが、
生の二階堂体験は衝撃でした。
苦しみと至福がすごいスピードで行ったり来たりするような、
あの独特な演奏と歌を目の当たりにして、
ぼくはもう、ライブを観たというより、完全にくらってしまったんですよ。

ぼくは基本的になんでも反則から入るタイプなので、音楽に関しても、
演奏が達者だとか、歌が上手いとかはホントどうでもいい、なんて思っていました。
でも、そういうのをまるごと吹き飛ばすほど圧倒的なものが、
にかさんのライブにはあって、あの日ぼくは、完全に打ちのめされたのです。

でもそれと同時に、
ステージ上でなりふりかまわず、なにがなんでもお客さんを盛り上げようとする、
にかさんのパフォーマンスというか、
「サービス精神」って言い換えてもいいと思うんですけど、
そういうものには、自分と近いものを感じたんですよね。

そんなこともあって、
持っている武器や生活のスタイルは違うけど、
そもそもは同じ部族のもの(笑)、
というような親近感を勝手に抱いております。

いつか混ざりあって、より強力な武器とか、見たこともないような土器とか、
一緒に作れる日が来ることを夢想しています。

ボーズ
――スチャダラパーの音楽を知ったきっかけは?
「学生の頃、友だちの誰かが作ったミックステープの中に入ってたと思います。洋楽のソウルとかスカとか10年20年前の音楽を好んで聴いていた頃だったので、飛び抜けて変な感じがしました。”今は現代だよ!”、と頭をたたかれたような、”こんなおもしろいのありなのか?”と動転しました。
――その後、BOSEさんと初めてお会いしたのはいつですか?
「2008年の9月、共通の友人の結婚パーティ・ライブです」
――BOSEさんに会う前と、会った後の印象を教えてください。
「印象は変わらないですが、お会いする前のただのファンの時期が長過ぎて、すり合わせがまだできていません」
――いつもどんなお話をしますか?
「緊張してろくに話せませんが、ようやくこないだ私もビールが入って調子に乗って、日本の音楽のダメなとこやいいとこや、今後あんなことしようこんなことしよう、それやるべきそれしかない、みたいなそんな話をできて自分の中ではかなり血がたぎりました」
――付き合いの中で、印象的なエピソードはなんですか?
「初対面で”すごいすごい”言ってもらった! 嬉しすぎました。
こないだは、ライブ直後に反省していた私に、”あれでも全然いいと思うけど、もしそうしたいんだったらこうしたらいいだけだよ”といくつかのコツを簡単そうに教えてくれて、簡単なのかもって気にさせてくれました」
――今後もしなにかご一緒できるとしたら、どんなことをしてみたいですか?
「共演とかより、作るほうのこと」
―― BOSEさんを色で表すとしたらどんな色?
「ベージュ」
――自分と”似ているな”と思う部分はありますか?
「世の中の大小いろんなことにわりと怒っているところ」
――もしBOSEさんと同じクラスメイトだったとすると、BOSEさんと二階堂さん、どんな立ち位置だと思いますか?
「男子でつるんでケケケってやってながら、女子からもちょっかい出されて、いつも誰かが周りにいそう。わたしはそこには入っていけぬけれど、彼の言動を遠巻きに楽しみにしている感じ」
――BOSEさんを尊敬できるところはどこですか?
「言語センス。思考のルート。その出し方。ほかたくさん!」

  • ●CD情報『タイトル未定』
  • ¥2,800 PCD-18654
  • ※7/6 on sale

次回は、「スチャダラパー BOSE」さんのお手紙を公開!ご期待ください。

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。