エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

出会いから約10年、その間4度の共演を果たしている名コンビ・瑛太と松田龍平。共演4作目となる『まほろ駅前多田便利軒』でも、息の合った演技を披露している。ふたりの好演を支えたのは、脚本のクオリティとスタッフへの信頼感、そしてお互いの存在。撮影のエピソードから、物語のテーマである再生への想いまで語ってくれた。

瑛太(えいた)
‘82年、東京都出身。‘02年『青い春』で映画デビュー。以後テレビドラマでも活躍し、『アンフェア』(‘06)などに出演。映画近作に『ガマの油』(‘09)、『ディア・ドクター』(‘09)など。今後は本作の他『ワイルド7』『僕達急行 A列車で行こう』も公開予定。
公式携帯サイト http://tokyo24-ku.tpm.jp/ei/
松田龍平(まつだ りゅうへい)
‘83年、東京都出身。‘99年の映画『御法度』で俳優デビュー。以後映画を中心に活躍し、『青い春』(‘02)、『ナイン・ソウルズ』(‘03)、『悪夢探偵』(‘07、‘08)、『蟹工船』(‘09)など多くの作品で主演を務める。公開待機作に『探偵はBARにいる』(9月全国東映系)がある。
『まほろ駅前多田便利軒』
‘11年/日/123分
原作:三浦しをん『まほろ駅前多田便利軒』(文春文庫刊)
監督・脚本:大森立嗣
出演:瑛太、松田龍平、片岡礼子、鈴木杏、本上まなみ、柄本佑、横山幸汰、梅沢昌代、大森南朋、松尾スズキ、麿赤兒、高良健吾、岸部一徳、他
※4/23(土)より全国公開

まほろ市で便利屋を営むしっかり者の多田(瑛太)のもとに、ある日、中学時代の同級生・行天(松田龍平)が転がり込む。変わり者の行天と共に日々依頼をこなす内に、多田と行天はそれぞれの過去と向き合うことになり…。


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。