エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

様々な歌い方にチャレンジ。歌手としての振り幅ができたと思う

——そんなロック好きの栗山さんですが、シンガーとして活動することは想像していました?
「歌手になれるなんて思っていませんでした。ましてや、自分が聴いていたアーティストの方々にプロデュースしていただくなんてまったく想像がつかなかったです。“ロック”で歌いたいという素直な気持ちから、ロックアーティストの方々とプロデュース企画をやらせていただいているんですが、たくさんのことを学ばせていただきましたね」
——具体的にはどんなことですか?
「例えば、プロデューサーの方によってレコーディングのやり方も全然違うので、 “こういうやり方もあるんだ”という発見がたくさんありました。それに、歌い方もいろいろチャレンジできて。浅井(健一)さんも(椎名)林檎さんも、他の方もそうですけど、それぞれの方の世界観が曲にすごく出ているので、歌い方は意識的に変えました。なので、歌手としての振り幅ができたんじゃないかなと思っています」
——確かに。楽曲に合わせて声の表情が変わっていくので、こういう歌い方もあるんだってドキッとしました。その表現力の高さは、女優としての活動も活かされているんでしょうか。
「そうですね。ただ、歌はお芝居とはまたニュアンスが違いますね。お芝居は自分の思考や価値観を捨てて役に入り込む。歌は演技ではなく、曲の雰囲気に入り込む感じ。歌う時はそういうスイッチが入るんです。プロデューサーの方々は、私の今までの女優としての活動から私をイメージして曲にしてくださったと思うので、プロデューサーの方のカラーと私らしさが出るように歌いました」
——なるほど。アルバムは10組のロックアーティストが楽曲提供されていて、とてもバラエティ豊かな1枚に仕上がっていますね。
「バラエティ豊かでサーカスみたいだなと思って。それで『CIRCUS』というアルバムタイトルになりました。1曲目の『ルーレットでくちづけを』(Produced by 9mm Parabellum Bullet)は綱渡りみたいなドキドキ感もあるし、『New Moon Day』(ヒダカトオル)や『可能性ガール』(布袋寅泰)は、ピエロのようなポップさがある。そういうイメージが浮かびました」
——ぴったりなタイトルですね。アルバムの幕開けを飾る『ルーレットでくちづけを』は、歌謡曲のエッセンスも感じられるスピーディーなロックチューンですね。

「9mm(Parabellum Bullet)さんらしさが出ている曲ですね。前奏を聴いただけで9mmさんだってわかるくらい。この曲は、物事をはっきり言う強い女性というイメージがありました」


PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。