エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

今までの価値観から脱却し、改めて自分たちがやりたいものを形にしようっていうのがコンセプト

——アルバムができあがった今の素直な感想を聞かせてください。
阪井(G.)「いい意味で開き直れたアルバムですね。飾らない素直なあるがままの自分たちの作品になった気がします。自分たちの“今”作りたいものが描かれてる」
——そうですね。言葉、メロディーともにとても真っ直ぐで自由で、素直なアルバムだと感じました。デビューしてからのご活躍はすごかったです。アルバム2枚目へのプレッシャーなどはありましたか?
山村(VO.&G.)「うーん、プレッシャーはもちろんありますよね。あとそれとは別に、去年1年間ツアーやフェスなどに出てみて、“自分たちの音楽をまだまだ届けきれてない”、“まだまだ未熟だな”と実感したんです。僕らを斜めに見る人もいっぱいいるし、上辺で判断してる人もたくさんいる。でもだからこそライヴを回って良かったと思ったんです。flumpoolというものを客観的であったり俯瞰で見るってことは、制作作業ではなかなかできることではないので、ライヴの場で肌で感じて冷静に捉えることができました。次の作品を作るにあたって、誰かの視線やバンドに持たれているイメージにこだわり過ぎてたなって思ったし、見られ方を考えること自体意味がないんだなって」
——なるほど。今作はそんなツアーなどの経験も大きかったんですね。
山村「はい。いろんなものをいったん置いて今までの価値観から脱却し、改めて自分たちがやりたいものを形にしようっていうのがコンセプトとしてありましたね」
——じゃあ昨年はとても濃厚かつ重要な1年でしたね。
阪井「そうですね。ツアーやライヴが多く、得るものが大きかったです。そしてツアー中にずっと曲を作っていたんですよ。“周りの期待に応えなきゃ”とか“もっといい曲を作らないと”とかプレッシャーもあり、“こんなんじゃ絶対に作れない”と思ってまったく曲が作れない時期もあったんですが、そんな中でもう1回ゼロにしてありのままの自分、原点に戻って思うままに作りたい曲を作ろうと思い直したんです。そこから気持ちが大きく変わった。そのきっかけとなった曲が『two of us』ですね」
——『two of us』は出会えた喜びを真っ直ぐに歌ったいい曲ですよね。
阪井「ありがとうございます。うれしいです(笑)」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。