エンターテインメントフリーペーパー FLYING POSTMAN PRESS

FLYING POSTMAN PRESS

「褒められて伸びるタイプでは決してないです。
渇いた大地で生きるサボテンは、必死に栄養を吸収するでしょう?」

——まさにSWEET&BITTERな瞬間ですね。ところで、今号の紙面テーマもSWEET&BITTERです。蒼井さんご自身のSWEET&BITTERなエピソードを教えてください。
蒼井「私、基本的にBITTERな人間なんですよ。どんなにSWEETなものでも、全部BITTERに変えてしまうほどに」
——そうなんですか? どちらかと言うとネガティブなタイプ?
蒼井「ネガティブと言うか…割と慎重ではあると思います。例えば、お仕事で何かしらの賞をいただいたとしても、“これは試されてるってことだな”って思っちゃう。この性分は子どもの頃からですね。褒められて伸びるタイプでは決してないです。
BITTERな方が栄養になるんですよ。渇いた大地で生きるサボテンは、必死に栄養を吸収するでしょう?そんな感じです(笑)」
——なるほど、足元にしっかり根を張って、しぶとく生きていらっしゃるわけですね(笑)。
蒼井「そうそう、すごくしぶといですよ(笑)」
——それは言い換えると“ストイック”ということですよね。しんどくなったりしませんか?
蒼井「大丈夫です、ちゃんと眠れてるので(笑)」
——日常の中には小さな幸せもたくさんありますよね。そういう幸せを見つけられた時は、SWEETな気持ちになるのかなと。
蒼井「うん、そうですよね。BITTERな人生を送っているからこそ、ちょっとSWEETが入ってくるだけでものすごく反応しちゃったりするんですよ。
例えば現場で誰かがいい顔で笑っていたり、一生懸命仕事に打ち込んでいたり…そういう姿を見ると何て美しいんだろうって幸せな気持ちになります。友達と会っておしゃべりしている時も、気持ちいい風が吹いた時も、ごはんがおいしく作れた時も、もちろんスイーツをひと口ほおばった時も、何となく幸せ。本当に小さな幸せばかりですが、積み重ねると大分幸せですよ」

PR

FLYING POSTMAN PRESSは全国5都市で配布しています。